人気ブログランキング |

フリーライター名嘉山が富士そばウォッチの様子を記録しています。原則、初めて食べたメニューのみを紹介しています。 mail:writer@nakayaman.jp
by 富士そばライター名嘉山
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
ライターさんの厳しくも愛..
by ジョンテンタ at 12:38
お久しぶりです。 この..
by ジョンテンタ at 14:46
> いたさん はやく三..
by nkymmnoy at 01:11
塩豚まぜそば 夏を意識..
by いた at 20:42
いたさま コメントあり..
by nkymmnoy at 12:09
市川店限定だったとの「ピ..
by いた at 20:59
平成最後の富士そばに乾杯..
by ジョンテンタ at 12:16
こんにちは。 これは見..
by 筋斗雲 at 12:13
いた様 そうですか、な..
by nkymmnoy at 05:43
これは私としてはナシです..
by いた at 22:48
メモ帳
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2019年 12月 31日

304杯目:富士そば・オブ・ザ・イヤー2019

304杯目:富士そば・オブ・ザ・イヤー2019_f0339637_10012648.jpg
【はじめに】
「富士そば・オブ・ザ・イヤー(FOTY)」とは、富士そばライターが年内に食べた富士そばメニューをランキング形式で評価する、極めて私的なコンテスト。弊ブログにUPしたメニューだけをノミネート対象にしている。評価基準に「美味い」・「不味い」はふくまれず、琴線にふれたメニューを厳選する。

過去の結果はこちら
富士そば・オブ・ザ・イヤー2018 ※未開催
富士そば・オブ・ザ・イヤー2017
富士そば・オブ・ザ・イヤー2016
富士そば・オブ・ザ・イヤー2015

【総評】
 2019年は、富士そばがメディアで取り上げられる機会が多い年だった。「まるごとトマトそば」や「フライドポテトそば」などのユニークなメニューが注目を浴びることは過去にもあった。今年はすこし様子が違っていて、富士そば創業者・丹道夫氏のメディア露出が目立った。丹氏が社長から会長に就き、前線から一歩身を引いたことが大きな理由だろう。テレビでは富士そばで培った経営ノウハウを語り、ネットでは激動の半生をふりかえる。その好々爺ぶりは、富士そば好きのみならず、一般の人にも広く伝わったのではないだろうか。
 会長の活躍に呼応するように、富士そば各店でも独創性あふれるメニューが販売された。いずれのメニューも、インパクトだけに走るのではなく、料理としても上手くまとまっている印象。ただし、今年の最優秀賞メニューは、完全にインパクト重視と思われる。その狙いどおり、テレビ、雑誌、ネットなど様々なメディアで取りざたされ、その存在を世に知らしめた。
 年内にUPされた38件の記事から珠玉の5品を厳選した。

【富士そば・オブ・ザ・イヤー受賞メニュー】
現在取り扱っていないメニューも含まれています。

5位:ジャンボかき揚げ天丼セット(阿佐ヶ谷店)
304杯目:富士そば・オブ・ザ・イヤー2019_f0339637_07431936.jpg
 従来の1.5倍はあるジャンボサイズのかき揚げ天。インパクト充分、食べごたえ充分。いままでありそうでなかったトッピングである。需要があまりなかったのか、販売期間は短かった。
希少性:★★★ インパクト:★★★ コスパ:★☆☆

4位:ヴィシソワーズそば(八重洲店) 
304杯目:富士そば・オブ・ザ・イヤー2019_f0339637_07491495.jpg
 いかにも富士そばらしい、珍メニューである。八重洲店は、外国人観光客が多く訪れる店舗。かれらの目には、このそばがどう映ったのだろうか。
希少性:★★★ インパクト:★★★ コスパ:★★☆

304杯目:富士そば・オブ・ザ・イヤー2019_f0339637_06085517.jpg
「富嶽(ふがく)」とは富士山の別称。えび天が入った天むすを富士山に見立てたものである。富士そばらしからぬ品格の高さは、歌舞伎座の真横という立地が関係している?
希少性:★★★ インパクト:★★☆ コスパ:★★★

304杯目:富士そば・オブ・ザ・イヤー2019_f0339637_13331953.jpg
 シンガポールのご当地グルメ「肉骨茶(バクテー)スープ」をそばにアレンジ。ニンニク・コッショウたっぷりなのに、あと味はあっさりという新感覚の味覚を実現した。取り扱い店舗も一気に拡大。下半期のMVPメニューといえる。
希少性:★★☆ インパクト:★★★ コスパ:★☆☆

304杯目:富士そば・オブ・ザ・イヤー2019_f0339637_09400775.jpg
 小粒のタピオカをいくらに見立てたカオスな一杯。昨今のタピオカブームの終焉を感じさせる。メディアからの注目度も高く、民放各社だけでなくNHKでも紹介された。肉骨茶そばとタピオカ丼の独創性は、今年の富士そばの勢いを支える二本柱になったのではないだろうか。
希少性:★★★ インパクト:★★★ コスパ:★★☆

タグ:
by nkymmnoy | 2019-12-31 09:03 | 富士そば_その他 | Comments(0)
2019年 09月 17日

マニアフェスタvol.3出展のご報告

 9月28日(土)、29日(日)に開催される「マニアフェスタvol.3」(会場:アーツ千代田3331)の28日の回に出展します。
「マニアフェスタ」は、津々浦々のマニアが自慢の蒐集品を披露したり、自作グッズなどを販売するイベントです。
 私はC-7ブースにて、「富士そばマニア」として出展します。出展にあたり、3つのグッズを配布・販売します。

グッズ1:リーフレット「富士そばが100倍たのしくなる豆知識5選」(無料配布)
富士そばの魅力を凝縮した4ページ(表紙・裏表紙含む)のリーフレットです。5つの豆知識とふろくを収録しています。一読して富士そばに行けば、いつもの景色がちがって見えるかも!?
マニアフェスタvol.3出展のご報告_f0339637_20401835.jpg
グッズ2:フォトブック「富士そば 写真名鑑」温編/冷編(各300円)
2014年から2019年にかけて出会った珍そば・奇そばの写真をフォトブックにしました。ラインアップは、温そば編と冷やしそば編の2種類。そば18点の写真・短評のほか、富士そばコラムも収録。アイデアに行き詰まった飲食業界の方にもオススメ!
マニアフェスタvol.3出展のご報告_f0339637_20401257.jpg
グッズ3:富士そばポストカード4種(各100円)
珍そば・奇そばの写真をポストカードにしました。ラインアップは「まるごとトマトそば」「ブレーメンそば」「紅生姜ちくわ天そば」「ギョニソそば」の4種。いずれも、富士そば史に残るユニークメニューです。大切なあの人へ贈ってみては?
マニアフェスタvol.3出展のご報告_f0339637_20402285.jpg
ほか、「マニアプレゼン大会」にも参加します。
弊ブログ読者のみなさま、会場でお会いできるのを楽しみにしています。

イベントの詳細は、下記をご参照ください。
https://maniafesta.jp/vol-3-summary/


by nkymmnoy | 2019-09-17 09:03 | 富士そば_その他 | Comments(0)
2019年 06月 05日

番外:文化放送の「Radio UnoZero」に出演しました。

 文化放送の番組「Radio UnoZero」の5月17日放送回にて、富士そばライターとして出演いたしました。パーソナリティの井口裕香さんと東京ホテイソンさんに、富士そばの魅力や注目メニューなどを語っています。
 下記のYouTube公式チャンネルにて聴取できます(21分ごろ)。

by nkymmnoy | 2019-06-05 09:03 | 富士そば_その他 | Comments(0)
2018年 02月 06日

225杯目:富士そば・オブ・ザ・イヤー2017


【はじめに】
「富士そば・オブ・ザ・イヤー(FOTY)」とは、富士そばライターの名嘉山が、1年間のなかで実食した富士そばメニューから、琴線にふれたものをランキング形式で紹介するというもの。ランクインの基準に「美味い」・「不味い」はふくまれない。
 ノミネートメニューは、ブログにUPしたものだけを対象にしている。
 2017年は、54件の記事をUP。そのなかから、珠玉の5品を厳選した。

過去の結果はこちら
富士そば・オブ・ザ・イヤー2016
富士そば・オブ・ザ・イヤー2015

【総評】
 弊ブログは基本的に、富士そばで初めて食べたメニューを紹介している。だから、定番メニューははじかれ、記事は店舗限定メニューが中心になる。前回の「FOTY」は、34記事からベスト5を選定したが、今回は大幅増加の54記事を対象にしている。つまり、前年以上に多くの限定メニューが生まれたということだ。なるほどたしかに、富士そばライターとしてはとてもやりがいに満ちた一年だった気もする。良い意味でも、悪い意味でも従来の立ち食いそばには見られないような破天荒メニューが提供された。私が「富士そばライター」として、度々メディアに出られたことも、富士そばのもつ話題性によるところが大きいだろう。
 メニュー以外の話題も事欠かない。丹道夫会長によるビジネス本の上梓、公式ファンブック「愛しの富士そば」の販売、乱切り二八そばへの挑戦、謎のサプリ「富士ルチン」の開発など、様々なネタを提供してくれた。正直なところ、これらの話題以上のことは今後期待できないのではないか、という気すら抱いてしまう。そういう考えに至るのは、それだけ昨年の富士そばには勢いがあったから。盛りだくさんだったのだ。
 今年の富士そばはどうなるのか。今はなき「つけそば たったん」よろしく、新形態の店舗でも出店するんじゃないかと睨んでいるのだが、果たして。 
 今回の最優秀賞は早い段階から決まっていた。突如出現したダークホース「チーズそば」に番狂わせの兆しも見られたが、静岡県は「富士見そば」にて同様のメニューが存在することを確認。かの店はチーズだけでなく揚げ玉もトッピングされており、富士そばのチーズそばよりも一段上回る仕上がりだった。そのため、チーズそばはあえなくオミットした次第。そのほか、意外性、話題性、先進性などを考慮してベスト5を選んだ。



【富士そば・オブ・ザ・イヤー結果】
タグ:
by nkymmnoy | 2018-02-06 09:03 | 富士そば_その他 | Comments(0)
2017年 02月 20日

172杯目:富士そば・オブ・ザ・イヤー2016


【はじめに】
「富士そば・オブ・ザ・イヤー(FOTY)」とは、富士そばライターの名嘉山が、1年間のなかで実食した富士そばメニューから、琴線にふれたものをランキング形式で紹介するというもの。ランクインの基準に「美味い」・「不味い」はふくまれない。
 ノミネートメニューは、ブログにUPしたものだけを対象にしている。
 2016年は、34件の記事をUP。そのなかから、珠玉の5品を厳選した。

前年の結果はこちら

【総評】
 2016年は「富士そばYEAR」だったと改めて思う。「確実に波がきてんな」と、無関係者ながら、ブーム到来を肌で感じていた。そのテの話題を誰とも共有できなかったが、たしかに感じていた。
 富士そばの前進である「そば清」が渋谷にオープンしたのが1966年。つまり、2016年で創業50周年。しかし、一号店は建物の老朽化にともない惜しまれながら(私に)閉店。閉店当日も、従来通りひっそりと営業していた。50周年という節目に、潔い幕切れ。そして、未練なく、余韻なく、現在も一都三県、はては海外にまで地道に店舗を増やしている。増やしすぎて、ちょっと心配になる。
 年末には、アルバイトスタッフへの手厚い待遇が注目を浴びる。連日「富士そば=ホワイト企業」のキーワードがネット記事、SNSに踊った。それが、富士そば独自の経営スタイル(店長の裁量権、自由なメニュー等)を世に知らしめるきっかけにもなったはず。当ブログも僥倖を得た。一日のブログ閲覧者が20人くらいから50人くらいになった。およそ3倍。かなりスケールが小さいが。むしろ、今まで20人はなにを目的にこのブログを見ていたんだろう。空恐ろしくもある。
 どうしても、変なメニューが印象に残ってしまうが、振りかえってみると、「月替わり天ぷらそば」「桜えび和風カツ丼」のような真面目な試みも決して少なくない。一部の関係者に「おもしろメニューばかりじゃないんだよ」という意地が芽生えたのか? それはそれでたいへん結構。今回は、へんなメニューも真面目なメニューも平等に選別した。




つづき
タグ:
by nkymmnoy | 2017-02-20 09:03 | 富士そば_その他 | Comments(0)
2016年 11月 17日

163杯目:富士そばの肉富士兄弟

 いま、富士そば各店で「赤富士そば」(500円)が期間限定販売されている。コラボメニューで、例によって相手はゲーム「龍が如く」。これで何度目のコラボだろうか。一度もプレイしたことがないが、きっと劇中の重要アイテムとして登場するのだな。
 ピリ辛仕立ての「赤富士そば」は名のとおり赤い。つゆにラー油、豚肉に辛子がトッピングされているのだ。いうほど、赤いビジュアルでないが、ネーミングセンスはいい。
163杯目:富士そばの肉富士兄弟_f0339637_01271335.jpg
 この「赤富士」以外にも、「肉富士そば」バリエーションのメニューは多岐に渡る。「肉富士」を筆頭に「赤富士」、「肉富士ラー油丼」、「肉富士ラーメン」……と続く。特定の共通点をもちながらも、それぞれの個性を発する面々は、さながらウルトラマンの「ウルトラ兄弟」を髣髴とさせる。「肉富士兄弟」だ。
 肉富士兄弟をウルトラ兄弟に、例えるなら一番馴染みのある次男ウルトラマンは「肉富士そば」だ。どっしり構えた余裕のたたずまいに安心感を覚える。
 三男のウルトラセブンは「肉ねぎ生姜」くらいにしておこう。セブンは兄弟のなかでもめずらしくブルーカラーだが、つねに刃物(アイスラッガー)を携帯しているという、危うさを胸に秘めている。アイスラッガーは、ピリっと刺激の効いた「生姜」だ。
 四男のジャックは、なんだろう。強化アイテムを多用しているイメージが先行して、彼個人の活躍はいまいちピンとこない。もう一声! という意味を込めて「肉そば」で。
 ウルトラマンAは、光線技が豊富な五男坊。男女2人の融合変身という出自と、ケレン味のあるデザイン、ハデな必殺技の数々が「冷やし肉トマト」の姿がだぶる。
 末っ子のウルトラマンタロウは、兄弟のなかでも最も高い潜在能力を秘めている。セブンのデザインを洗練させたような真紅のスーツがかっこいい。「赤富士」は彼でいいだろう。必殺技の「ウルトラダイナマイト」もなんだか、辛子の刺激みたいじゃないか。
 大事なことを忘れていた。長男のゾフィー。ゲスト登場がおもだから、能力は計りしれない。てらいのないツウ好みの存在感だから「常夜そば」だな。
 うん、まったく違和感なく「ウルトラ兄弟=肉富士兄弟」が照応している。ちなみに私のおもなウルトラマン知識は、コミックボンボンの漫画。ドラゴンボールと聖闘士星矢とウルトラマンを掛け合わせたような内容だったので、たしょう知識が偏っているのはご容赦いただきたい。
 今度は、「ゆず鶏ほうれん草そば」バリエーションを、昭和10人ライダーに当てはめてみよう。
希少性:★☆☆ インパクト:★☆☆ コスパ:★☆☆


by nkymmnoy | 2016-11-17 09:03 | 富士そば_その他 | Comments(0)